【Vキャス用】Unity無しでWebからVRスライドが作れるVCIスライドジェネレータを作ってみた

はじめに

バーチャルキャストではVCIというアイテムを使う事で様々なインタラクションが出来ます。 これはメチャクチャ便利なんですが、当たり前の話として3DのアイテムなのでUnityが必要。でも、スライドVCIや音楽プレイヤー、あるいはホロポスターや電子書籍みたいなのは コンテンツの中身だけ差し替えれれば良い ので、もっと手 軽にパッケージング できれば絵師さんとかコンテンツクリエイターの人に使いやすいのに、と思って UnityなしでWebサイトにアップするだけでVCIに変換できるデモサイト を作ってみました。ちなみに将来的にはSlide4VRの方に組込む予定です。

f:id:pascal256:20210216063903p:plain

解説動画で使い方やモチベーションに関しての動画も作りました(Youtube版, ニコニコ版)。 使用しているスライドはこちら


【Vキャス用】UnityなしでVRスライドが作れるVCIスライドジェネレータを解説

使い方

使い方はとても簡単で以下の3工程だけ!

  1. パワポGoogle Slideでプレゼン用のPDFを作ります。16:9に最適化されてます。
  2. デモサイト にアクセスしてPDFをアップロード
  3. ダウンロードしたVCIをThe Seed Onlineにアップロード。これだけです!

ちなみにできたもののサンプルがこちらとなります。

f:id:pascal256:20210216065937p:plain

なお、元になってるテンプレートは私の「はじめてのVCI」なので、クオリティは今三つくらいですw 誰か良い感じのをお願いします!

なんでこんなの作ったの?

UnityなしでVCIが作りたいから!

です。

もうちょっとちゃんと解説すると、冒頭にも書いた通りコンテンツ系のVCIはリソース差し替えで原則量産できるはずなので、パッケージのためだけにUnity必要なのはなんだかなー、と思ってました。 コンテンツホルダーの方がもっと気軽にVR上にコンテンツを出せれば良いのに、と。その時に、たとえどんなに簡単でもいきなり 「ではUnityをインストールしてVCIプラグインを入れてください」 から始まりますし、パソコン得意な人でも3D触ったことなければそれだけで少なくとも1日はつぶれちゃいます。

というわけで、ハードルが高いのでもっとUnity無しで簡単にしたいというのがモチベーション。

同じようなことを考えられてる人はもちろん他にもいて、ねこますさんなんて2019年から同じようなコンセプトのものを作られてます。

www.nicovideo.jp

スライドに関しても120byteさんがすでに。 booth.pm

他にもおぐらさんが「VCI「本」作成キット」をUnity Packageで作られています。

booth.pm

他にも探せばもっとあると思います。どれも超素晴らしいツールなので私なんもしなくて良いかな? とも思ったのですが、Unity Packageはもちろんデスクトップ版もUnityベースにしてる都合上デスクトップにアプリをインストールする必要があるので、Webならインストールも不要になるし、もっと簡単に出来るんじゃないかな? という気持ちで比較的得意なWebアプリとして今回作ってみました。C#以外の言語でVCIを読み書きする参考にもなりますしね。

技術的な解説

基本的な発想としてはテンプレートになるVCIをRubyで解析して、画像などのリソースになる部分だけを差し替えています。テンプレートになるVCI自体はUnityで作ってますね。理論的には完全に独自で作ることも可能なんですが、3Dモデルを弄る部分はUnityで作るのが無難でしょう。エディタ自体作りたいなら別ですけれど。

今回はRubyで書いていますが、単なるシンプルなバイナリ操作なのでJSでもJavaでもC#でも問題なく対応できると思います。

元になるVCIを変更すれば音楽プレイヤーとかホロポスターとか自在に作れるはずです。たぶん。

ソースコードは以下に置いてあります。 github.com

また、VCIのフォーマットなどより詳細な情報はこちらをどうぞ。

zenn.dev zenn.dev

VCIはVRMと違ってあくまでVキャスの仕様なので、フォーマットとかの仕様書は特に公開されて無さそうなのですがglTFなのでバイナリ解析自体は一般的な方法で出来ますね。あとは雰囲気でリバースエンジニアリング

今後の予定

今後の予定としては 「はじめてのVCI」 がテンプレートなので、さすがにもうちょっと機能強化はしたいと思います。リモコンとか欲しいし。 その上で、Slide4VRへの取り込みですね。その他にもMusic Playerとかは作ってみたいです。レコードを切り替えると別な曲が再生できるようなの。ホロポスターもチャレンジしたいのですがあんなVCIを劣化版ですら書ける気がしない。。。

ちなみにソースコードはMIT Licenseなので、気兼ねなくコピッて 「お前のダサいVCIじゃなくてもっと良い感じの のVCIやサービスを作ってやんよ!」 というのをお待ちしております。VCI書けるけど、Webは分からんという人は私にVCI連携いただければなんとかしますー。一番良いのを頼む!

まとめ

というわけで、WebからVRスライドが作れるVCIジェネレータの紹介でした。

VCIはユーザストアで有料販売もできますし、VRSNSでの即売会も一般的になってきました。今後、VキャスもRoomでセレクトショップを作る人が現れたり、もっともっと発展すると思います。そんな時に、コンテンツクリエイターの方々が手軽にパッケージングして販売できるようになれば、VRに物凄い興味がある方じゃなくてもカスタマーチャネルの一つとして当たり前に扱ってもらえる時代を期待しています。電子書籍書いたからKindleKoboとBookwalkerに出版したし、ついでにVキャスも出すか、くらいのノリで。

みんなでバーチャルキャストを盛り上げていきましょう!

それではHappy Hacking!

【メモ】各種クラウドのざっくりサーバコスト比較用

Azureのインスタンス名が覚えられないのでメモ。 精緻な値は見積ツールで見るとしてコスト感を抑える用。インスタンス特性は各ベンダーで微妙に違うだろうけど、比較できるように独断と偏見でマッピング。 Azureは組み合わせパターン毎に名前が付いてるから覚えれば楽そうだがツラい。。。あとコストシミュレータが使いづらい><

GPUとかHPCとか自分が普段使わないのは特になし。割引とかで実際はもっと安くなる気がする。

GCP

GCPは継続利用割引で自動的に20%引きになるのでコストシミュレーションでも適用されてるかも。

エントリ レベルの VM (開発/テスト)

  • small, micro など。e2-micro
  • $ 6.03/month. 7,500円/year

経済的なバースト対応 VM (小規模システム汎用/VDIインスタンス)

  • E2シリーズ 。e2-standard-2
  • $ 48.25/month. 6万円/year, 30万円/5年

汎用 VM (小規模システム汎用/VDIインスタンス)

  • N2シリーズ 。n2-standard-4
  • $ 112.30/month. 14万円/year. 70万円/5年

コンピューティング最適化

  • C2シリーズ 。 c2-standard-4
  • $ 120.68/month. 15万円/year. 75万円/5年

メモリ最適化

  • M1,M2シリーズ 。 m1-ultramem-40 (CPU:40, RAM:961GB)
  • $ 3,190.60/month. 400万円/year. 2000万円/5年

Azure

年間契約でだいたい4-6割程度値下がり。

エントリ レベルの VM (開発/テスト)

  • Aシリーズ など。A0.
  • $ 14.609/month. 2万円/year

経済的なバースト対応 VM (小規模システム汎用/VDIインスタンス)

  • BSシリーズ 。B2MS
  • $ 72.47/month. 9万円/year, 45万円/5年

汎用 VM (小規模システム汎用/VDIインスタンス)

  • Dシリーズ 。D4 v3. DSシリーズはPremiumストレージが利用可能. SSDならこっち。基本的に新しい方が安いので必ず新しいバージョンを選ぶ。
  • $ 163.52/month. 20万円/year. 100万円/5年

コンピューティング最適化

  • Fシリーズ。F4s v2
  • $ 154.76/month. 20万円/year. 100万円/5年

メモリ最適化

  • Mシリーズ、Gシリーズ 。 Msv2 (CPU:32, RAM:875 GB)
  • $ 23,099.39/month. 3000万円/year. 15,000万円/5年

参照

cloud.google.com azure.microsoft.com

【バズワードを学ぶ】SMBCのコード流出とGitHubの利用を考える

www.youtube.com

先週話題になった「SMBCのコード流出」とそれに伴う「GitHubの利用問題」です。今回の件に限って言えばGithubはほぼ関係ない業務委託先からの情報流出ですが「GitHubが禁止にされるのではないか?」という話題もネット上ではされていたので、その是非というか有効性に関しても解説してみました。

大筋はZennに書いた内容をエッセンスだけサマった感じですが、はてぶのコメントとか眺めながら少し整えた感じです。 zenn.dev

動画のサマリとしてはこんな感じ。

  • 今回の件はGitHubの公開/非公開とかオンプレかクラウドか?とかでは無く内部犯による情報漏洩の問題
  • GitHub禁止はあまり解決にならない
  • この件に限れば発注元が悪い(と世間からは言われる)
  • GitHubのPushを制限しうっかり事故を減らす効果あり
  • ただし、悪意のある漏洩には効果が無い
  • リスク分類とそれに見合ったセキュリティの適用

まず前提として今回の事件自体は委託先でのやらかしなので、セキュリティ的にはサプライチェーン管理の問題。ちゃんとベンダーマネージメントをしましょう、になります。 f:id:pascal256:20210201130637p:plain

その上で、では自社で同じような流出が起きないようにどうするか? を解説しています。ブラックリストのWebフィルタリングやオンプレミスでの運用も含めてやはり内部犯による情報漏洩を防ごうと思うと、透過的ファイル暗号やホワイトリスト運用、厳格なアクセス管理の組み合わせにならざる得ないのですよね。それ以外は 「うっかりミス防止にとどまるというか」 f:id:pascal256:20210201130710p:plain

なので、システムで完全な対策を目指すのではなく、情報資産の重要性を判断してその上で適切な仕組みを選ぶ必要があります。99%のコードは(流出ではなく)ソースコード公開してもビジネスインパクトが無いものでしょうから、そういったものをホワイトリストレベルで過剰に守って生産性を下げるのは多くの企業にとって適切ではないでしょう。その代わり1%のコードを持ってるなら、そこは適切に手間とコストをかけて守る必要はあります。 f:id:pascal256:20210201130921p:plain

というあたりを24分くらいでまとめてしゃべってるので気になる人はぜひ動画をチェック! それでは Happy Hacking!

【バズワードを学ぶ】PPAPが全面禁止??? PPAPの問題点と代替案に関してまとめてみた

www.youtube.com

PPAPが全面禁止」ということで、Twitterのトレンドにも入りましたね。ピコ太郎さんには悪いけど、キャッチーな名前のおかげでかなり話題にしやすくなったと思います。

以前もZennの方でまとめていたのですが、ちょうどバズってたのでいつか作ろうと思ってたPPAP動画を作ってみました。 zenn.dev

動画のサマリとしてはこんな感じ。

  • ピコ太郎は悪くない
  • PPAPとはパスワード付きZipをメールで送り別メールでパスワードを追加で送る手法
  • セキュリティの効果が低いだけでは無く近年ではむしろ有害としてアメリカ政府や霞が関で非推奨に
  • 今回、日立が全面禁止したことでトレンド入り
  • 代替案としてはファイル共有サービスが一般的

特に、重要な点は現代ではメールであってもファイル暗号は必須ではないことですね。バケツリレーをしていたのは今は昔で現在はMXレコードを参照して相手先を直接指定するので基本的には中継サーバを介さないようです。 このあたり実は自分も良く分かってなかったので、今回調べて知れて良かったです。 f:id:pascal256:20210123162717p:plain

バケツリレーがないからファイル暗号であるパスワード付きZipやS/MIMEを使わなくても経路暗号でセキュリティが担保出来るわけですね。

f:id:pascal256:20210123162818p:plain

動画中では言及しませんでしたが、今では自前でメールサーバをコーポレートメールとして運用してるところは少なく、多くはマイクロソフトGMailをカスタムドメインで利用してると思うので、経路暗号を期待して特に気にせず添付ファイルをするというのもそこまで悪手とは思わないのが正直なところです。 S/MIMEの運用が仮に手軽に出来たとしてもS/MIMEは基本的にファイル暗号なのでやはりメールセキュリティが適用できず下記のパスワード付きZipと同じ問題が発生してしまいます。 f:id:pascal256:20210123163043p:plain

そういったことを加味するとやはりオンラインストレージ、特にOutlookならOneDrive、Gmail(Google Workspace)ならGoogle Driveとすることでセキュリティ的にも運用性的にもかなり使いやすくなる気がします。 PCIDSSやHIPPAなど高いセキュリティが求められる認証も取ってるケースがあるので、そういった規制される業界にも適用できるのはうれしいですね。

f:id:pascal256:20210123163427p:plain

オンラインストレージはセキュリティ的にDLPやきめ細やかなACL、監査ログ、ウイルススキャン、自動バックアップなど様々な機能を持っているので、これらをPay as Goで使えるのはかなり魅力的ですよね。ファイルサーバを運用するとパッチ当てとか気になりますし。。。

それでは Happy Hacking!

2021年、書初めコーディング: ArduinoでLチカを書こう

はじめに

あけましておめでとうございます。 まさかまさかの2020年でしたが、なんとか年も明け2021年が始まりました。

とりあえず新年ということで個人的にしてるのが書初めコーディングですが、まあ今年の抱負とか目標とかそういうことをふんわり込めながらなんか書きます。 今年のテーマは「挑戦」。「いつかやろう」と思ってやってなかった事にしっかりと挑戦していく年に出来たらと思います。

そんなわけで、電子工作をしてみました。最終的な目標としては水温を制御したいのですが、とりあえず今日はHello WorldとしてL地下です。 用意したのはArduino。ラズパイよりも電子部品を組み合わせるのには向いてそうだし、いろんな言語で書けるというわけじゃないのでWebの記事も大体参考になるので、より初心者向けかな、と。 いきなりゼロからパーツを集めるのも大変なので下記のスターターキットを買いました。

SunFounder Uno R3 Project Starter kit Compatible with Arduino IDE,25 Tutorials Includedwww.sunfounder.com

また、下記のサイトを参考にというかほぼ写経させてもらっています。

deviceplus.jp

環境構築

まずは環境構築として公式サイトからIDEをインストール。WIndows 10であればWindows Storeから直接入手も可能です。 つづいて、メインボードを付属のUSBケーブルでPCに接続します。このタイミングでドライバも設定されます。どうやらCOM (RS232C)として認識されるっぽい。なつい。。。

電子回路の作成

つづいて、LEDをブレッドボードにさし、ブレッドボードと本体をぽちぽちつないでいきます。 この辺詳しくは上記の記事参照なのですが、本当にどう使えば良いかも分からなかったので、間違ったところに刺してみたりここが一番時間かかりましたね。 小学校の図工や理科の時間を思い出して楽しかったです。

Lチカ制御プログラム

最後にLチカの制御プログラムです。以下のように書きました。pinの13番を指定するためにledという変数に入れています。この値でセットアップ時に出力端子として初期化したり、digitalWrite関数でオン/オフをしています。

int led = 13;
void setup() {
  pinMode(led, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(led, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(led, LOW);
  delay(1000);
}

これは見ての通り1秒待って1秒光るというLチカが点滅するプログラムです。わかりやすいですね? 結果はこちら。

まとめ

とりあえず、無事Lチカを光らせることが出来ました。 シリアルコンソールででバックできるのは良いですね。COMもそうですが電気信号がそのままコードで制御した通りになるのはシンプルで良いですね。良くも悪くもプロトコルも何もない世界。。。 このあとPotentiometer(可変抵抗器)を使ったアナログデータの取得もやったのでArduinoを完全に理解したと思います!

まあ、冗談はさておきやはり作りたいものを作りながら調べて学ぶのが性に合ってるので次は実際に水温センサーとヒータの制御を作ります。

それではHappy Hacking!

テックポエマーと学ぶバズワード - Apple Silicon M1

はじめに

今話題のITのキーワードに関して解説いくバズワードシリーズです。

今回は今大注目のAppleシリコン M1に関して解説します。6月のWWDCの時点では「ついにか!」という気持ちはあるものの正直「まあIntel/AMDに追いつくのは良くて1,2年後で初回は一応動く程度のものだろう」と高をくくっていました。

しかし、11月10日の発表では予想に反して圧倒的な性能を最初から持っている事がアナウンスされ、先週、実際のベンチマーク結果や体験レポートも上がってきてマーケッティングではない本物の実力を秘めてる事が分かってきました。

と言うわけで「なんでそんなに速いのか?」という事が気になったので、調べて解説動画を作ってみました。少し長くなったので前中後の3部作にして1つの動画が15分から18分程度になっています。

また、配信中に使ったスライドは下記となります。

前編: ベンチマーク編 - 圧倒的なワッパ

www.youtube.com

前編は各種ベンチマークを眺めながら、M1がどのくらい速いかを話しています。

f:id:pascal256:20201123115536p:plain f:id:pascal256:20201123115607p:plain f:id:pascal256:20201124112618p:plainf:id:pascal256:20201123115657p:plain

Core i9を含めて歴代のどのMacBookよりもMacBook Airの性能が高いのは本当に驚異的ですよね。マルチスレッドでこそコア数の関係もありiMacなどには遅れをとりますが十分な性能です。また、それでいてTDPが10~15Wと言う事もありワットパーパフォーマンスは圧倒的ですね。

もう一つ重要なのが、armの中でダントツに速いという事です。ここからx86からarmに変えたので高速なのではなく、単純にApple Siliconが高速だという事がわかります。

中編: SoC編 - PCをやめたMac

www.youtube.com

中編はM1がCPUではなくSoC (System on Chip)であることやAppleの強調していたUMAに関して話します。

f:id:pascal256:20201123120608p:plain f:id:pascal256:20201123120911p:plain

まず一番重要な点は今回のCPU変更が単純にx86からarmへの移行という以上にPCアーキテクチャからの脱却に少なくとも結果としてなっている事です。

これによりAppleは売上の大部分を占めるiPhoneと開発ラインをまとめられるだけではなく、PCの制約を超えてMacを進化させることが出来るようになります。もはやMacはPCではなくパソコン型の大きなスマホなのです。事実、今回のM1による新型Macではベンチマーク的なCPU/GPUの性能以上にコプロセッサによる大量のバフで快適度を高めています。

f:id:pascal256:20201123120748p:plain f:id:pascal256:20201123120813p:plain

また、UMA (Unified Memory Architecture)に関しても解説しました。単にGPUとCPUで物理メモリを共有する共有GPUメモリでは性能が落ちてしまいます。事実これはパーツを減らしたいローエンド向けPCに良くされる設計です。今回、Appleが性能向上のポイントとしてUMAを上げていたのはCPUとGPUでメモリアドレスを共有する仕組みを持っておりゼロコピーが実現できるからです。これによりCPUとGPUの間でのデータ転送が減りパフォーマンスの向上が期待できます。

後編: CPU/GPU編 - 単純に速いFirestormコア

www.youtube.com

後編は主にCPUの話をしています。

f:id:pascal256:20201123122840p:plain f:id:pascal256:20201123122911p:plain

まず、armは同じマルチコアといってもIntel/AMDのようにすべてのコアが同一であるSMPではなく、高性能なコアと電力効率の良いコアを組み合わせたbig.LITTLE戦略のマルチコアを採用しています。これはAppleに限らずスマホ向けのarmでは一般的な実装でかなり実績もあり、かなり効果的に省電力を実現することが出来ます。ただしコア数の数え方が違うので例えばbig/little含めるとM1は8コアだが単純にIntelの8コアと比較する事は出来ない、ということに注意してください。

また、Firestormコアは単純に高性能です。なぜ速いかと言えば単純にキャッシュを増やしデコーダを増やし演算ユニットを増やす、といったやるべきことをちゃんとやってる結果ですね。特別奇をたてらった仕組みがあるわけでは無いようです。基本が大事ということですね。これはarmとかx86あるいはCISCRISCと言った違いは基本的には関係ありません。まあ、x86は8bit/16bit/32bitのサポートを継続するためにISAが刷新されておらず「可変長で長大で不規則な命令」を持っていると聞くのでx86が呪われているとは言えるかもしれませんが。。。たぶん比較してデコーダとか作るの大変でしょうし。

f:id:pascal256:20201123123007p:plain f:id:pascal256:20201123123058p:plain

GPUに関しても少しふれておきます。CPUがハイエンドCPUと比較しても遜色がないのに比べるとGPUは少し見劣りします。デスクトップ版のRTX 3080はもちろんですが、モバイルのRTX 2060と比べても性能がかなり落ちます。ただしこれはOpenCLベンチマークなので純粋な描画性能ではないことには注意をしてください。

一方で既存のMacBookと比較する分においては特にそん色のない性能を出しているので「iGPUとしては速いがdGPUと比べると遅い。しかし既存のMac並み」と言ったところでしょうか。また、GPUの絶対性能があまり高くなくてもすでに述べたようにコプロによる大量のバフがありますので、実際の動画編集なんかはかなりサクサク動作するようです。

まとめ

今回、M1について調べてみて一番驚いたのはApple Siliconが元々圧倒的に速いことです。スマホ業界ではSnapdragonと戦ってるように見えますが実際はここまで違うのだな。。。と。そりゃあ、ChromebookWIndows Surface pro XでArmを積んでも遅いはずですよね。今後、M1 Macを事実上のリファレンスモデルとしてPC向けのArm CPUやSoCがもっと増えると色々おもしろそうですよね! AMDがZenベースのK12)をHSAで出せばかなり面白い感じになると思うのだけど。。。

また、今回のM1はSoCであることを強く推してるのでデスクトップ版でどういう設計にしてくるのかが気になりますね。UMAなどの構造は壊さないままSoCをマルチソケットにする感じで対応してくるのか、あるいは普通にNVidiaを指すのか。dGPUが使えるようにはするとは言ってたけど、それだとUMAじゃなくなるだろうしどういう味付けでデスクトップ版を出すのかが気になります。

私自身はまだM1 Macはエアプ勢なのですが、調べれば調べるほどなかなか面白そうで1台欲しくなってしまいますね。MBAを新調するべきか。。。しかし今は外出しないからなぁ。

それではHappy Hacking

テックポエマーと学ぶバズワード - 5Gのホントのところ

はじめに

Docomo, au, SoftBank, そして楽天とついに4大キャリアの5Gがアナウンスされました。

でも、スゴイスゴイといわれる5Gですが、いまいち実態が掴めないと思いませんか? 私もそうだったのでちょっと調べて動画にまとめてみました。

動画は前後編でそれぞれ30分くらいです。5Gの仕組みの話はあまりする事は無いと思うのでぜひ見てみてください。「超高速、低遅延、多接続が同時に常に満たされる分けではない」とかなかなか解説されないですし。

個人的に5Gで大きく変わる可能性があるのは

  • MEC(エッジコンピューティング)によるネットワーク構造の変化
  • ローカル5G/VMNOといったオープン化によりキャリア以外のプレイヤーの参入

です。そして、技術/仕組み的な点で大きいのは

  • RANとコアネットワークの分離. 仮想化/API
  • ネットワークスライシング
  • MEC

です。ミリ波が速度を上げるための目玉ではあるんですが、そこよりも上記の方が5Gという技術全体としては重要なポイントかな、と。

上記の点も踏まながら動画を見てみてくださいー。

Agenda

  • そもそも5Gとは? 何が凄いの?
  • 5Gの仕組み
  • ローカル5G
  • MVNOとVMNO
  • 5Gがもたらす未来

前編

www.youtube.com

この動画では5Gの3大要素である「超高速」「低遅延」「多接続」がそもそもどういったものなのか? を仕組みの話にも触れながら前編動画で解説しました。

こちらを見れば、そもそも5Gって何? ミリ波で超高速なんだっけ? 4G転用周波数帯域は「偽の5G」なの? エッジコンピューティング??? という部分に関してスッキリすると思います。

後編

www.youtube.com

後編では「ローカル5GとWiFi6」の違いや「VMNOで何ができるようになるのか?」、そして「5Gの応用事例」に関して解説しました。

私自身もローカル5GってWiFi6があるのに必要なの? ってのを思ってたので調べて違いがよく分かりました。また、AmazonGoogleをはじめとしたメガクラウドが5G自体の基盤を販売しようとしているので、何故だろうと考えていたのですが、MVNOとは違いVMNOであれば限りなくキャリアに近い位置でビジネスが出来ることもわかりました。だから多くのプラットフォーマーがつるはしを売るために参入してきてるんですね。

まとめ

この動画を作るにあたって結構5Gに関して調べたのですがミリ波でなくても低遅延などの効果は得られるとかネットワークスライシングとか色々勉強になりました。

やはり技術を良い部分も悪い部分も正しく知ることは正しく活用するためにも一番重要なことですよね。

また、今回の動画を作るのに先立って

koduki.hatenablog.com

という動画も作っています。2時間くらいあるので少し長いのですが、その分もっと色々話してますので「詳しく知りたい!」って人はぜひ見てみてください。

ちなみに前編は基本的にほぼ編集無し、後編は動画編集ツールでのカットを前提に話してから編集という事で、後者の方が編集後の動画の質としては良くなったと思うのですがどうでしょうか? この辺も今後研鑽を重ねていきたいです。

それではHappy Hacking!