読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macで複数バージョのJavaを切り替えたい

JDK8でたよーって、ことで色々触っている今日このごろ。 やっぱラムダ式とか使えるようになって大分普通になった感じ。

で、ここで問題になるのがまだ全面的にJava8に移行したわけでもないのでJava7とどう共存して環境を切り替えるか。たぶん、Java使っている人の9割9分9毛くらいはIDE使ってると思うので、そこはほぼ問題無し。 ※ 以前eclipseが重たいという理由でメモ帳使ってる業のモノが居ましたが...

ただ、mvnコマンド打つときとか、アプリを起動するときとか色々環境変数レベルで変更したいケースもしばしば有ります。Linuxなんかだったらalternative-javaでサクッと変えれるし、最近のLL系だったらこの辺を支援するツールがだいたいある。rvmとかそれ系。

しかし、MacOSJavaが合わさるときその道はないのです。。。 まあ、需要か。orz

無いなら作れが世の基本なので、とりあえず作ってみました。と言っても全面的に下記の記事のやり方をaliasコマンドで実行するだけど。

OSXでJavaのバージョンを切り替える

そんなこんなで出来たものは下記。

github - Alternative-Java for Mac

使い方

使い方という程でもないのですが、適当なディレクトリに上記のスクリプトをcloneして、下記の様なaliasを設定します。.zshrc.mineとか.bashrcとかその辺に追加すると良いかと。

  alias alt-java='source {YOUR_INSTALL_PATH}/alternative-java-for-mac/alternative-java-for-mac.sh'

引数にバージョン付ける感じでサクサク変えれます。

% alt-java               
Missing arguments.
Usage: alternative-java.sh [1.6|1.7|1.8]

% alt-java 1.7
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)

% alt-java 1.8
java version "1.8.0"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0-b132)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.0-b70, mixed mode)

% alt-java 1.9
Unknown Java version.
Usage: alternative-java.sh [1.6|1.7|1.8]

これで色々と捗るぜ! じゅるり。

とはいえ、これはグローバルは変えないので、あくまで実行したターミナルというかシェルだけに影響が限定されます。

個人的には開発や検証で使う想定なのでこの機能で十分だし、rvmとか本物のaltanativeみたく本気は出さなくていいよね。

それではHappy Hacking!